妊娠中にメラニンが身体中にもたらすこと!

紫外線を受けて、
分泌される
シミやそばかすの原因であるメラニン色素ですが、

体のあちこちにメラニン色素が沈着して、
身体中大変なことになってしまうのは、
特に妊娠初期なんです。

 

 

妊娠2か月3か月頃は、
まだ妊娠に気づいていないかもしれませんが、

「肌荒れが多いかな?」
「急にシミが増えたかな」
と思い始めるのが、妊娠初期。

 

逆に、妊娠中期は、
肌が綺麗になった!という方もいらっしゃるみたいですが、

そこからメラニンは一気に増え、
正中線や妊娠線ができる方もいます!

 

 

原因は紫外線とホルモンバランスです。

 

ホルモンバランスが崩れ始める妊娠2か月頃は、
気づかないうちにメラニンが増殖しています!

私の場合、妊娠初期が夏だったので、
かなりシミが増えてしまいました!

 

 

妊娠中のメラニン対策は、
妊娠初期から、臨月まで
しっかり予防していかないといけません!

妊娠中は徐々にシミやそばかすが増えていきますが、
乳首が黒ずんできたり、
くすみが増えるのもメラニンのせいです!

 

そして、最後に待ち受けているのが、
妊娠線と正中線です。

妊娠線はできやすい人と、
できにくい人がいます。

 

 

私はできにくいタイプみたいで、
1人目ではできませんでしたが、

正中線はしっかりとできてしまいました!

 

おへそのあたりから、
真下へ5センチほど伸びている
黒い線です。

 

 

妊娠線は赤紫色なので、
正中線の方が目立ちにくいですが、
二人目、三人目で徐々に黒さも増すそうです。

 

妊娠中のメラニン対策は、
ホルモンバランスを整える為に、
規則正しい生活をすること。
乾燥させないように保湿ケアすること。
メラニンの排出をしっかりとすることが大切ですが、

特に、
妊娠初期と臨月あたりは
気を付けていきたいですね。

 

 

シミやそばかすは、
スキンケアでいずれ改善できるかもしれませんが、
早めに手を打っておかないと、
メラニンに負け続けてしまう肌になってしまいます。

産後もしっかりメラニンに負けない強い肌を作る為に、
予防とケアを怠らないようにしていきたいです!

カテゴリー: 妊婦の悩み タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です