妊娠中に行う妊娠線対策!!

出産を控えると、
妊娠線を恐れる方は多いと思います。

 

私は運よく、1人目の時に
妊娠線は出ませんでした。

 

しかし、私の姉妹は、

結構すごいこと妊娠線が出ていましたし、
出産して5年以上たつのに、
お腹を一切見せてくれません。温泉すら断られます。

 

 

それを見ているからか、
私は妊娠線ができそうで怖くてたまりません。

 

妊娠線ができると、もうビキニ着れませんよね?
贅沢かもしれませんが、
できれば、出産後も綺麗なお腹でいたい!
そう思う人は、妊娠中から、妊娠線対策をしていきましょう。
妊娠線とは、
赤ちゃんの成長と共に、お腹が大きくなるにつれて、
皮膚が伸び、亀裂ができてしまい
赤紫がかった線状の傷ができることです。

 

 

痛みはありませんが、

それこそどす黒い色をしていることもあり、
その線を境目に皮がタルンタルンになったりもします。

 

一度伸びてしまった皮膚も、
ちゃんと元通り引き締まったお腹にすることはできます!

それはもう1人目で体感しました。

 

でも、妊娠線ができると、

皮は戻れど、
傷は見るに堪えないような気がします。

 

 

 

妊娠線は、できやすい人とできにくい人がいます。
妊娠線ができやすい人とは、

①太り気味で、皮下脂肪がたくさんついている人

②お腹の赤ちゃんが通常より大きい人(通常2500~3300くらい)

私の姉妹の場合は、赤ちゃんが3800gあったので、

原因はこれかと・・・

③2人目以降の出産の人

④小柄で、お腹が出やすく、骨盤の小さい人

⑤栄養状態が悪く、体重が増加していない人

⑥身体が乾燥している人

 

こんな人が妊娠線ができやすいと言われています。

妊娠中に体質や体重を管理する事って難しいですよね。
体重を増やそうと思ったら、赤ちゃんも大きくなっていって、

栄養が取れなければ、赤ちゃんにはダメだし・・・
 

でも、なんらかの対策はできます!
私はそう信じています!

 

私がおすすめする対策方法は2つです。

1.しっかりとお腹を支えれるように、
腹帯やガードルなどを毎日つける。
お腹のふくらみが気になりだしたら、
すぐにでも腹帯をするべきです。

赤ちゃんの体重を支える補助をすることで、
皮膚もキレイに伸びて、亀裂が入らなくなります。

 

2.全身の保湿をしっかり行うこと。
身体を乾燥させてしまうと、
妊娠線だけじゃなく、身体中に亀裂のように

皮膚にひび割れができます。
手のあかぎれと同じ感じです。

 

お腹もしっかりベビークリームやボディミルクで保湿して、
乾燥を防ぎながらマッサージもしていくと
良いと思います。

 

 

カテゴリー: 妊婦の悩み タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です