妊娠中のシミ対策♪

妊娠中は、シミが多くなります!
確実になります。断言します。

 

 

 

妊娠中はホルモンバランスが変わり、
出産後も授乳中は特にシミが増えたり、
今までのシミが濃くなったりします。

その多くが、
妊娠性肝斑と呼ばれる女性特有のシミです。

 

妊娠中のシミは、
ケアを怠ったり、ホルモンのバランスだったり

80%以上の人が増えると言われていますが、

その多くのシミが、産後も消えずに
残ってしまいます。

しかも、ホルモンバランスは
シミだけじゃなく、肌荒れを起こしやすい肌へと変えます。

なので、今までの化粧品を使っていると
刺激を受けやすくなった肌がもろに反応して、
その後の肌も最悪な状態になります。

妊娠中は、シミ対策が必要です!

シミ予防と産後のケアで、
出産後もシミのない美肌を持続できるようにしていってください♪

 

 

肌が敏感になる妊娠中、スキンケア選びは大切!!

今までのスキンケアで大丈夫と思っていると

大間違いです。

妊娠すれば、必ず化粧品は買い替えましょう!

妊娠初期に化粧品を変える方は多いそうです。

 

そんな、妊娠中の敏感な肌に合う

シミ対策は、次のようなことに注意してください。

 

 

1.低刺激の肌に優しい化粧品に変える!

 

2.妊娠中は特に匂いに敏感。

つわりがある人も、香料の少ない物が、

無香料の化粧品を選んでください。

 

3.外出時は必ず紫外線予防!

低刺激のUVカットを塗るか、

日傘などで紫外線予防を気を付けてください!

 

4.肌荒れが起きたらなお優しいスキンケアをしましょう!

ニキビをつぶしたり、

シミが濃くなったと言ってこすって洗ったりは

絶対ダメです!!

 

 

この4つの対策で

シミ予防をするしかありませんが、

重要なのは、

スキンケア化粧品選びです!

 

 

私は運よくアヤナスに出合い、

つわりの中でも肌荒れがひどかった中でも

有意義にスキンケアができていますが、

 

初めての妊婦生活中は

スキンケアなんて考えないと思います。

 

 

でも絶対後で後悔することになるので、

シミ対策は必ず行ってくださいね!!

 

 

産後も美肌のままで

子供に「ママ、キレイ!」なんて言われるご自分を

想像しながら、

楽しいマタニティライフを送ってください。

カテゴリー: 妊婦の悩み タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です