妊娠中のメラニン増殖!

妊娠すると、身体中のあちこちに

異変や変化が起こります。

 

 

それは、食事や生活、睡眠が変わってしまい、

身体に悪影響が出る。

ということもありますが、

 

 

何よりも問題なのは、

妊娠中のホルモンバランスの変化です。

 

女性のホルモンバランスって結構複雑で、

女性は毎月月経があり、妊娠や病気のこともありますから、

ホルモンバランスに気を付けていたり、

病名を知っていたりなど、

 

わずかでも知識は持っているでしょう。

 

でも大抵の人は、

ホルモンバランスは崩れて、何かが起こってから

気づきます。

 

「妊娠中にシミが目立つようになった」

「月経の周期がいつもと違うからホルモンバランスのせいか・・・?」

 

など、気にかけてはいますけど、

対策はできていません。

 

 

妊娠中は特に!

ホルモンのせいでなにかと面倒なことが起こります。

 

ホルモンバランスが直接関係していることで、

一番厄介なことは、

メラニン色素がかなり増えること。

 

 

妊娠中に増加している女性ホルモン、

エストロゲンやプロゲステロンは、

 

母乳を作ったり、胎盤を作ったりと、

体の中では重要な役割を担っていますが、

 

メラニン色素を作り出している、

メラノサイトという細胞まで刺激してしまいます。

 

刺激されると、メラニン色素も増え、

色素沈着が起こり安くなり、

少し気を抜いただけでも

シミができてしまいます。

 

 

メラノサイト細胞って、

紫外線とかに反応して

メラニン色素を作り上げるんですけど、

妊娠中は家でゆっくりしていても、

メラノサイト細胞はしっかり

メラニン色素を作ってしまうんですね。

 

「それなら予防の仕様がない!」なんて思う

かもしれませんが、

 

対策はしっかりあります!!

 

 

シミをたくさん作り上げて、

無茶なケアをしていくことは、

敏感肌を作り上げる原因にもなってきます。

 

 

妊娠中のメラニン増殖には、

きっちりとした対策、予防、

美容ケアが必要なんです。

 

妊娠中のメラニン退治対策!!へ

 

 

 

 

カテゴリー: 妊婦の悩み タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です